運動会を快適に!家族で使えるおすすめタープテント

運動会を快適に!家族で使える    おすすめタープテント


もうすぐ子供の運動会!学校はテントの持ち込みができるので、運動会を快適に過ごすため、家族みんなが入れるテントを持っていきたい!

 


せっかく購入するなら長く利用したいけど、種類が多くて選べないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回は、運動会で使いたいタープテントの選び方と、運動会におすすめしたいタープテントをご紹介します。

 

 

1.運動会でタープテントがおすすめな理由

運動会・学校向けテント一覧

 


タープテントはキャンプなどでよく目にするテントと比べ、四方に幕が無いので出入りがしやすく、

大人二人で簡単に設置・撤退出来るため、運動会の使用に適しています。

 


また、タープテントは風通しが良く、日よけもできるので、熱中症対策に最適です。

 


運動会は9月、10月のまだまだ気温が高く、日差しが強い時期に開催することが多いので、

長時間日差しが強い屋外にいることで、熱中症のリスクが高まります。

 


日差しを避けられる木陰を狙って場所取りをする方もいますが、木陰は場所取り人気が高く、長時間行う運動会では太陽の位置で影がずれていき、せっかく木陰を狙って場所取りをしても、時間帯によっては日差しを避けられないこともあります。

 


タープテントを設置することで、日差しを避けることはもちろん、風通しも良いので、暑いグラウンドでも、涼しく快適に過ごすことができます。

 

 

2.運動会で使えるタープテントの選び方

運動会で使用するタープテントを選ぶ際は、

 

「持ち運びやすさ」

「設置・撤去の方法」

「テントのサイズ」

「出入りのしやすさ」

 

で選びましょう。

 


●持ち運びやすさ
お弁当やカメラなど荷物が多い運動会では、持ち運びやすい軽量タイプのタープテントがおすすめです。

天幕は厚みがあるほど重量が重くなり、支柱やフレームも素材によって重さが大きく変わるため、持ち運びやすさを重視してタープテントを選ぶ際は、天幕は薄く、支柱やフレームが、軽量のアルミやスチールの素材で出来ているものをおすすめします。

タープテントを収納するケースも、背負ってリュックにできるものや、キャリーが付いていて転がして持ち運べるものなど、様々な種類があるので、自分に合ったケースを選びましょう。

 


●設置・撤去が簡単
運動会では、設置・撤去が簡単なタープテントを選びましょう。
運動会の観覧席で設営に時間がかかってしまうと、近隣の家族に迷惑がかかりマナー違反になってしまいます。

お互いの邪魔にならないように、設置・撤去が素早く行えるテントを選びましょう。
ワンタッチタープテントは、天幕を張り、支柱を立てるだけで、素早く簡単に設営できるので、運動会のテント利用に適しています。

 


●テントのサイズと家族の人数
運動会を快適に過ごすために、家族全員が入れるタープテントを選びましょう。
タープテントのサイズを誤り小さいものを選んでしまうと、タープテントの中が窮屈になってしまい快適に過ごすことが出来ず、最悪の場合、家族全員がタープテントに入ることが出来なくなってしまいます。

しかし、大きすぎても周囲の迷惑になってしまったり、学校のサイズ規定をオーバーしたりしてしまう可能性があります。

タープテントを選ぶ際は、購入するタープテントのサイズは何人入るのか、タープテントが大きすぎて、近隣の家族の迷惑にならないかを必ず確認をして、家族の人数に合わせた最適なサイズのタープテントを購入しましょう。

 


●出入りがしやすい
運動会では、競技の撮影や子供の出入りが多いので、出入りのしやすいテントを選びましょう。

タープテントは四方に幕がないため、どの方向からでも出入りが出来ます。
日よけのために横幕を付けても出入口が広いので、一般的なテントと比べてタープテントは出入りがしやすいです。

 

3.運動会でタープテントを使用する際の注意点

●運動会にテントの持ち込みは可能か
タープテントを購入する前に、運動会のテント持ち込みは可能かを確認しましょう。
持ち込みが可能だった場合も、テントの大きさや高さ、形などの規定がある学校があるため、

購入の前に必ず学校に確認をしてください。
学校の決まりを守って、ルールに適したテントを選びしょう。

 


●テントの風対策
タープテントは、天幕が大きいので風の影響を受けやすいです。
ワンタッチテントは重量が軽いので、横転したり、吹き飛ばされたりしてしまう可能性があります。
テントが倒れてしまうと、子供たちが倒れたテントの下敷きになり、怪我をさせてしまうことも。

タープテントの風対策は、ロープとペグで固定する方法と、テント用おもりを付けて固定する方法があります。
ロープとペグで固定する方法は、ロープに足をひっかけてしまう可能性があるので、

子供の多い運動会ではおすすめできません。


また、テントを固定するためのペグ打ちは、地面に穴が空くため禁止している学校もあります。
運動会でのタープテントの風対策は、支柱にテント用おもりをつけて固定する方法をおすすめします。

 

 

4.家族利用におすすめ!運動会で使えるワンタッチテント


運動会用タープテントを購入する際、一番気になるのがタープテントの選び方。
タープテントは、使用用途によって様々なラインナップがあり、迷ってしまいますよね。
今回は運動会での家族利用に、おすすめのタープテントをご紹介します。

 


イージーアップ・テント DMJ29-18,DMJ35-18
運動会での家族利用に、おすすめのタープテントです。

外箱に傷やへこみなどがある外装不良品ですが、中身のテントは全く問題ない新品です。
外装は気にしないという方は、こちらをご検討してみはいかがでしょうか。


フレームと上部の屋根が一体型になっているので、

フレームの接続作業や屋根の折り畳み作業が必要ありません。


ワンタッチ式のテントなので、大人二人でテントを広げ、1分で簡単に設置、撤収時もすぐに折りたたむことができるので、設営・撤去に時間をかけたくない運動会での利用に、一番おすすめしたいタープテントです。

 


コンパクトに折り畳むことができ、かさばらないのも特徴です。
フレームがスチール素材なので、重さ12.6kg~15.7kgと大変軽く、ローラー付きキャリーバッグに収納できるので、持ち運びも楽にできます。

 


DMJ29-18の大きさは290cm x 290cmなので、3~4人程度で広々使用できます。
お父さん、お母さん、子供2人の利用で充分な広さがあります。一般的な家族利用に最適な大きさです。

 


DMJ35-18の大きさは350cm x 350cmなので、5~6人程度で広々使用できます。
お父さん、お母さん、子供2人のほかに、おじいちゃん、おばあちゃんが入っても充分な広さがあるため、大家族にはDMJ35-18がおすすめです。


風対策のウエイト一覧

●風対策グッズ
イージーアップ・テント DMJ29-18,DMJ35-18は軽量タイプのワンタッチテントのため、

風対策が必須です。

 


「かんたんウエイト(テント用おもり)」は、水を入れて支柱にセットするだけで

簡単に風対策ウェイト(おもり)として使用することができます。

 


袋を運ぶだけなので、かさばらずに楽々持ち運びができます。

使用後は水を抜くだけなので後処理も簡単です。
袋に穴が空いてしまうと中から水が漏れ出してしまうので、注意しましょう。

 

 

5.運動会で使えるワンタッチテント購入時のコスト

アウトレットテント本体セール

家庭用の安価な物だと、中身新品のアウトレットタープテントが2万円からと大変格安でお買い求めいただけます。

アウトレット品DMJ29アウトレット品DMJ35が人気商品です。

外箱に傷やへこみなどがある外装不良品ですが、中身のテントは全く問題ない新品です。
外装は気にしないという方は、こちらがおすすめです。


テントの「サイズ」や「プリント」によって価格が変動するので、

購入を検討されている方は一度希望するテントの見積りを取ってみてはいかがでしょうか。

 

6.タープテントを使用して快適な運動会にしよう!

運動会で応援する女性


今回は、運動会で使いたいタープテントの選び方と、

運動会におすすめしたいタープテントをご紹介しました。


家庭にひとつタープテントがあると、運動会だけではなく、BBQや海水浴など、

様々な家族行事の場面で使用することができます。


タープテントを使用して、快適で楽しい家族の時間を作りましょう!

 

カテゴリ: テント豆知識
UPDATE: 2020/06/24

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

商談・見積り
お問合せはこちら
フリーダイヤル 0120-838-027
商談・見積り
お問合せはこちら
<