イベント用テントの吹き飛びに注意!風対策の重要性 | イージーアップ

イベント用テントの吹き飛びに注意!風対策の重要性

イベント用テントの吹き飛びに注意!風対策の重要性      

イベント用テントは簡単に設営と撤去ができるように作られていますよね。
なので軽くてコンパクトな分、風対策はしっかり行いましょう!
対策にはおもりを使うのですが、水を入れる「かんたんウエイト(テントウエイト)」「鋳物テントウエイト」イベント用テントに使われる杭(ペグ)で対策を立てます。
これで風対策ができて、吹き飛んだり転倒したりするリスクは避けられます。

それほど風が強くないなら、「かんたんウエイト」で十分です。
ペグ鋳物のテントウエイトは更に風が強くてもイベント用テントを支える、丈夫なウエイトになっています。
でも流石に台風のような風では対策は立てられないので、利用は避けましょう!


雨が降ってなくても風がすごい日が多くあります。
記録的な大雨や台風被害が続出している今年は、イベント用テントを設営する日をよく考えないと危険です。

また、寄贈品としてイベント用テントを卒業記念に学校、卒団でスポーツチームに向けて贈る方も多いです。
テント本体とウエイトもあれば、安全に使ってもらえます。

 

 

 

イベント用テントを使う日の天気

イベント用テントを使う日の天気は、今年は特に注意してみてもらいたいです。
というのも雨は多いし、風は強い日が多いですからね。
ですからアプリなどで晴れか雨だけでなく、風の強さもチェックしておいた方が良いでしょう。
晴れの日だと間違いなく安全に使えますけど、風が強いならおもりを置くことを忘れないで下さいね。

もう運動会シーズンも、バーベキューや夏のイベントも終わりましたね。
後は卒業に向けた寄贈品や、花見のためのイベント用テントなど、来年に向けた予定ですかね。
仕事で使う場合は、冬もイベントブースで出店する際に、イベント用テントが必要になるかもしれません。
文字入れやロゴプリントなど、寄贈品にする場合も自分が使う場合にも、プリントサービスの費用を見積もりでチェックするのがおすすめです。

予算に合わせておもり横幕も加えられるかもしれませんからね。
テント本体の価格も比較できるので、事前に全ての見積もりができるのは便利です。

 

 

カテゴリ: イージーアップ・テントについて
UPDATE: 2019/10/29

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

商談・見積り
お問合せはこちら
フリーダイヤル 0120-838-027
商談・見積り
お問合せはこちら
<