【運動会の大型テント】立て方は簡単?ワンタッチタープに注目

【運動会の大型テント】立て方は簡単?ワンタッチタープに注目

運動会の大型テントといえば、数年前まではパイプテントが主流でしたが、 近年、運動会の大型テントはワンタッチタープテントが人気を集めています。 今回はパイプテントとワンタッチタープテントの比較と、タープテントを選ぶ際のポイントをご紹介します。

また、イージーアップなら学校名や校章が入った名入れテントが簡単に注文できます!詳しくは下記ページをご覧ください。


こちらは学校関係者様、企業様向けのページですので、お子様の運動会観戦用に手軽なタープテントが欲しい、という保護者様は下記ページをご覧ください。

パイプテントとワンタッチタープテントの違い

運動会・学校行事用テントもイージーアップ

どちらも学校行事などでよく見かけるテントですが、違いが分からないという方のために、パイプテントとワンタッチタープテントの違いをご紹介いたします。

パイプテント

集会や運動会など、学校や自治体でよく使われているテントです。 フレームは強度が高い物を使用している場合が多いです。その反面、パイプ一本一本に重量があり、運搬が難しいです。 また、このパイプはここに取り付ける、など、各パイプを決まった位置に取り付けての組み立てが必要なため、設営にコツが必要です。

ワンタッチタープテント

BBQや海水浴など個人での使用だけでなく、 マルシェや運動会など、多くの企業や自治体で使われています。 フレームが組みあがった状態なので、、片付けの際もフレームをばらす必要がありません。 テントを広げるだけで設置できるため、テントを組み立てたことのない初心者でも簡単に組み立てることができ、 コンパクトに折りたためるため、持ち運びが楽々できます。

運動会にタープテントをおすすめする理由

運動会にタープテントをおすすめする理由

組み立てと片付けが簡単

パイプテントの組み立ては、決められた場所にフレームを一本一本配置し骨組みを立て、最後に天幕を張って組み立てます。 パイプテントのフレームは一本一本が重く、似たようなパーツが多いため、組み立てをする際は、時間とコツが必要になります。 また、少人数では組み立てが難しいため、人数を多く要します。

ワンタッチタープテントの場合は、テント本体を広げ、天幕を張るだけで、素早く簡単に組み立てることができます。 イージーアップテントなら天幕とフレームが一体になっており、大人2人で約1分で簡単に組み立てが出来るため、時間も労力も必要ありません。

収納性が高い

組み立て式のパイプテントの場合は、天幕と各フレームをバラバラにして収納するため、収納にかなり大きいスペースが必要です。組み立てと撤収にかなり手間がかかりますが、 各フレームを取り外す際、グループにまとめて収納するとバラバラにならず、 次回使用する際も組み立てやすくなります。

ワンタッチタイプのタープテントであれば、折りたたむだけでコンパクトに収納できるため、 倉庫の小さなスペースに収納することができます。 また、イージーアップテントなら、天幕をフレームから取り外す作業も不要なので、撤収時も時短できます。

持ち運びができる

パイプテントのフレームは一本一本が非常に重く、台車やトラックを使って持ち運ぶ必要があります。 ワンタッチタイプのタープテントは、パイプテントに比べて軽量に設計されており、テントをたたむだけで収納が出来るので、持ち運びに便利です。

タープテントを収納するケースも、背負ってリュックにできるものや、キャリーが付いていて転がして持ち運べるものなど、様々な種類があります。 天幕は厚みがあるほど重量が重くなり、支柱やフレームも素材によって重さが大きく変わるため、 持ち運びやすさを重視してタープテントを選ぶ際は、支柱やフレームが、軽量のアルミ素材で出来ているものをおすすめします。 ただし、アルミはスチールに比べて強度が劣ります。 でも!イージーアップテントのアルミフレームなら、フレーム内部に補強リブを施しているため、スチールと同等の強度があります。

ワンタッチタープテントの使い方

運動会用・学校行事用ににテントを購入したいけど、どんな種類が適しているかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 運動会用テントは、簡単に設営・撤退ができる「ワンタッチタープテント」をおすすめします。 イージーアップテントは大人2人で簡単に組み立てられるので、様々な準備に追われる運動会の時短アイテムになります。 ワンタッチタープテントの正しい組み立て方をご紹介します。

タープテントの組み立て方

ワンタッチタープテントは、組み立てが非常に簡単なことが特徴です。 まず、大人二人でテントを広げ、支柱上部に付いているスライダー(動画参照)を上にあげしっかりとロックし、支柱を引き上げるだけで組み立てができます。 スライダーがしっかりロックされていないと、天幕をしっかりと張ることができず、雨が降った際に雨水が溜まったり、使用中にテントが閉じてきてしまうなどのトラブルに繋がるので気をつけましょう。

パッと広げてすぐ使える!!収納も簡単!! 他のタープテントとは違う手軽さを、ぜひ動画でご確認ください。

運動会・学校行事に使えるワンタッチタープテントの選び方

運動会・学校行事用テントもイージーアップ

運動会用にタープテントを購入する際、一番気になるのがタープテントの選び方。 タープテントは、使用用途によって様々なラインナップがあり、迷ってしまいますよね。 タープテントを購入の際、「天幕生地の構成」「フレームの素材・強度」「適切なサイズ」 3つのポイントを意識して選びましょう。イージーアップでは、学校行事に人気のデラックスシリーズ、強靭なフレームをお求めの方はエンデバーシリーズをお勧めしています。

 

天幕生地の構成

イージーアップテントの天幕は日本防炎協会認定で安心

イージーアップのイベント用テントとして人気があるデラックスシリーズの天幕は、500デニールのしっかりと厚みがある生地で、日本防炎協会の防炎認定を取得していますので、燃えにくく安心してお使いいただけます。もちろん防水加工で、天幕の縫い目には裏面にシームテープを貼り水漏れしないよう加工しています。
実際に生地を触ってみたい!という方には、生地サンプルのご用意もありますので、お気軽にお問合せください。

 

フレームの素材・強度

イージーアップテントのフレームの強み

イージーアップテントでは、スチール、アルミの2種類をご用意。アルミは軽いけど折れやすいのでは?と思う方も多いかと思いますが、デラックスシリーズのアルミフレームは、内部に補強を施しているため、スチールと同等の強度を実現しました。(ポイント5のトラス内2本線が補強リブです)
また、天幕が一体型なので、フレームに挟まって破れたりしないよう、トラスとトラスの間隔を計算して設計されています。
トラス形状も楕円型なので持ちやすく、角張ったフレームに比べて天幕生地を傷めないよう配慮されています。(ポイント5)

 

適切なサイズ

学校行事用に一番選ばれているのは3m×6mの大型テントです。 が、学校用テントの価格を重視される場合には、収容人数を見て適切な大きさを選ぶことが必要になります。 というのも、収容人数の多い大型タープテントになるほど、価格は高額になっていくためです。 逆に、収容人数の少ない小型のテントなら価格は安価になります。ご希望のサイズのイベント用テントが予算に見合わない場合は、アウトレットのイベントテントもご検討いただければと思います。

イベント用テントサイズ表

タープテント3m×6mサイズ|イージーアップのラインナップ


イージーアップ・テントは、フレームと上部の屋根(天幕)が一体型になっているので、 フレームの接続作業や屋根の折り畳み作業が必要ありません。 コンパクトに折り畳むことができるので、かさばらないのも特徴です。 ワンタッチ式のテントなので、大人二人でテントを広げ、約 1分で簡単に設置、撤収時もすぐに折りたたむことができるので、設営・撤去の負担がありません。 設営・撤去に時間をかけたくない運動会用テントに一番おすすめしたいタープテントです。

今回は運動会など学校行事に人気サイズでおすすめの3m×6mサイズのタープテントをご紹介いたします。 イージーアップの6本脚テントのおすすめ2種類を下記に各仕様をまとめてみました。


イージーアップデラックスシリーズDX60/DXA60
学校行事、イベント、自治体、医療用など幅広く活躍している本格派テント「デラックスシリーズ」
●天幕素材:ポリエステル100%・500デニール・防水・防炎性(日本防炎協会認定)
●フレーム:スチールorアルミ・楕円

イージーアップデラックスDX60/DXA60 スペック表

手軽さと頑丈さを両立させた高品質のワンタッチタープテントです。天幕は500デニールと厚手で、防水性を高めるシームレス加工・防炎協会認定製品となっています。また、アルミ・スチールでフレームの種類を選ぶことが出来、コスパならスチール製・軽量ならアルミ製がおすすめです。 アルミ製タープテントは加補強加工が施されているため、スチール製と同等の十分な耐久性を確保しています。


イージーアップ史上最強靭エンデバー
イージーアップ史上最強靭の太くて強い支柱を装備した「エンデバー 
●天幕素材:ポリエステル100%・ 防水・防炎性
●フレーム:アルミ・八角形断面

イージーアップエンデバー60 スペック表

画像は正方形ですが、3m×6mのワンタッチタープテントです。
「努力」という名にふさわしく、設置はかんたん1分の手軽さはそのままに、フレームの強度を大幅にアップした強靭なタープテントです。 フレーム素材は航空機にも使用されているアルミ合金「6061-T6」を使用。支柱の太さはデラックスシリーズの1.5倍、更に八角形の断面で強度をアップ! 強度が高い頑丈なテントをお探しの方に人気が高く、自信を持っておすすめします!こちらは受注生産品ですので、納期に約45日いただきます。 強靭なタープテントエンデバーについて詳しくは下記でご紹介しています。

タープテント使用時は必ず風対策を!

タープテントは必ず風対策を

屋外イベントは天候に左右されます。 そのため、タープテントを設置して雨よけや日よけをしているイベントが多いですが、使い方を誤ってしまうと大きな事故に繋がります。
屋外で使用するタープテントは、サイズが大きいものが多く、天幕が大きいので風の影響を受けやすいです。

学校行事やバーベキューなど屋外イベントで多く使われているワンタッチタープのイベント用テントは、持ち運びやすいよう軽量化され、簡単に設置することができる反面、 重量が軽いので、強い風が吹くと横転したり、吹き飛ばされたりしてしまう可能性があります。 テントが倒れてしまうと、支柱部分やフレームが折れて壊れてしまったり、最悪の場合、風に煽られて倒れたテント児童や来場者、スタッフが怪我をしてしまったり大きな事故に繋がったりする場合もあるので必ず風対策をしましょう。

風によるテントの事故を防ぐためにも、タープテントの風対策は必ず行ってください。

ペグ(杭)を使ったテントの風対策

タープテントは杭で風対策を

支柱の穴にペグを差して支柱と地面を固定する一番メジャーな方法です。 イージーアップテントには、全モデルにペグが付属しています。 しかし、ペグのみだと固定が甘く、突風が吹いた際にペグがはずれ飛んで行ってしまうこともあります。 また、テントの設置場所がコンクリートなどペグの打てる地面ではないと、ペグを打ち込むことができないのでご注意ください。

おもり(ウエイト)を使ったテントの風対策

テントの支柱部分に取り付けるテント用のおもりを「ウエイト」といいます。 イージーアップでは、オプション品で水を使用する「かんたんウエイト」「鋳物ウエイト」の2タイプをご用意。 設置場所や用途に応じたおもりを選びましょう。

 

重厚な金属製テント重り(鋳物ウエイト)

鉄で出来ている頑丈なプレートを、テントの支柱にセットして固定するおもりです。 重さは10kg・20kg・30kgの3種類をご用意しております重ねて使用することもでき、頑丈でテントとの接地面積が多く、安定性を高めます。


鋳物ウエイト

●テント重り(鋳物ウエイト)
●価格:オープン価格
●鉄製の頑丈なおもりです。
●地面にペグが打てない場所に。
●10kg、20kg、30kgの重さからお選びいただけます。

商品の詳細はこちら お問合せはこちら

水入れタイプの簡易テント重りはコチラ!

水入れた袋をおもりとして使用します。 水が確保できる場所であれば使用することができます。 使用後は水を抜くだけなので後処理も簡単で、かさばらずに簡単に使用できます。


※かんたんウエイト

●価格:¥10,450(税込)
●仕様:携帯型のテント重り
●水を入れて使用するタイプのテント用重りです。
●使用しない場合、水袋とカバーは畳んで持ち運びも簡単!
●支柱が4本のテントは4個セット、支柱6本は6個セットをご使用ください。

商品の詳細はこちら お問合せはこちら

イージーアップテントとは?

簡単1分設置のイージーアップテント

イージーアップテントは、世界で最初にワンタッチテントを開発。1983年にアメリカで誕生し、40年弱の歴史あるテントです。 日本でもワンタッチテントはイージーアップが最初に展開しています。 イージーアップテントは、初回に天幕をフレームに取り付ければ、その後は取り外し不要! テントは組立て、片付けに時間がかかって大変...という経験をされた方にも自信を持っておすすめ致します!

ご家庭使い用のタープテントは、他社テントに比べて割高に感じられる方もおられるかと思います。 その分手軽さ、使いやすいさに自信があります!! かんたん1分設置で、安心の修理サポートもあるイージーアップをぜひご検討ください。

もしもの時も安心のサポート

イージーアップテントのアフターサービス・修理依頼

イージーアップテントは、もしもの時も万全のアフターサポート! 少し壊れたぐらいではテントごと買い替える必要はありません。長期間ご愛用いただけるよう、交換用パーツをご用意しております。

テントを弊社に送っていただいての修理はもちろん、取り替えたい部分のパーツだけをご購入いただき、お客様ご自身での修理も可能!どの部品を買えばいいか分からない…修理方法が分からない…などのご不明な点はサポートいたしますので、お気軽にお問合せください。また、天幕に穴が空いたり破れてしまった際も、補修が可能な場合もございますので、ご交換前にまずはご相談ください。

タープテントの出しっぱなしはダメ!常設はできません。

タープテントの常設はできません。

タープテントの使用時に注意していただきたいのが、出しっぱなしについてです。 取り扱いがすごく簡単で大変使いやすいタープテントですが、「屋外に出しっぱなし」の状態はテントが壊れやすくなってしまいます。 というのも、強い日差しや雨を長期間受け続けると、どうしても傷んでしまうためです。 やはりお庭に置きっぱなしは紫外線による劣化を進めてしまいますし、劣化から耐久性も落ちてしまいます。

では、「頑丈なタープテントなら庭に置きっぱなしでも大丈夫?」と思われるかもしれません。 しかし、劣化が進みやすくなるのに変わりなく、風で吹き飛んで破損したり事故につがる可能性もあるのでNGです。 イージーアップテントはワンタッチで設営・収納には時間も労力もかかりませんから、屋外でタープテントを使用し終わったら都度片付けをしましょう。

ご予算にお悩みなら…お得なアウトレット品&会員割引のご案内

今がチャンス!E-Z UP製品がお買得価格で販売中です!タープテントの導入を検討されている方は、他にもたくさんのテントをお買い得価格でご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

直販限定タープテントアウトレットセール

タープテントのご予算にお悩みなら、外箱が痛んでいるだけのアウトレット品がおすすめ!
【中身新品!】ビスタ (2.9m×2.9m)
【中身新品!】ビスタ (3.5m×3.5m)


さらにお得にお買い物いただける会員登録特典をご利用ください!メンバー会員のご登録は無料です!会員登録いただくと、以下の会員様限定特典をご利用いただくことが出来ます。

❶全商品3%OFF!お得な会員価格でご購入いただけます
❷最新のセール、クーポン情報をいち早くお届けします
❸ご注文の度にお客さま情報の入力は不要です
❹リピート購入が簡単!購入履歴の確認が可能です

タープテントを検討されているお客さまは、ぜひお得な会員割引をご利用ください!

便利な「Amazon Pay・NP後払い・NP掛け払い」も選択できます!

お支払い方法は「クレジットカード」「代金引換」「銀行振込」の他に、「Amazon pay」「NP後払い(個人のお客様専用)」「NP掛け払い(法人・個人事業主のお客様専用)」が選択できます。安心便利な決済方法をご用意しておりますので、ぜひご活用ください!

Amazon Pay

NP後払い NP掛け払い


■この他にもイージーアップテントについてお困りごとがありましたら、下記の無料の相談窓口よりお気軽にお問い合わせください。

無料の相談窓口

■イージーアップテントの販売代理店大募集!詳しくは下記よりご確認いただき、お気軽にご相談ください。

代理店募集中

カテゴリ: テント豆知識
UPDATE: 2020/08/06

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

商談・見積り
お問合せはこちら
フリーダイヤル 0120-838-027
商談・見積り
お問合せはこちら
<