【熱中症対策テント】暑さを防ぐ簡易業務用テントの使用方法 | イージーアップ

【熱中症対策テント】暑さを防ぐ簡易業務用テントの使用方法

屋外での作業・運動会・スポーツ・イベントで日差し、熱中症対策を検討している方

日差しの強い時期に屋外活動するのでテントの購入を考えているけど、どのようなテントを選べばよいのか…。実際どのようなテントの使用方法があるか知りたい。あとついでにおすすめのテントもあったら教えて。っという方に向けて簡易業務用テントの導入事例・使用方法を紹介します。

熱中症にならない為に早めの対策が重要

日差しが強い5~10月は、温暖化などの影響もあって暑い日が続いています。実際毎年と言っていい程にニュースでは、熱中症になって倒れる方の報道されています。熱中症になると、頭痛やめまい、けいれんなどの症状を起こします。特にまだ暑さに慣れていない5.6月になりやすいと言われているので油断しがちな比較的涼しい時期も含め、早めの対策が重要になるでしょう。

熱中症対策テントの導入事例・使用方法

屋外作業の画像
屋外作業での日差しよけ・休憩所

屋外作業や工事現場、休憩所として使用されています。ワンタッチテントは簡単に設置・片付けが行えるから日陰を作りながら屋外作業ができるメリットがあり、畑作業で導入する事例など増えています。

商品の詳細はこちら

スポーツチームの画像
スポーツチームの休憩所

レーシングチームやサッカー・ラグビーチーム、部活動などの控室や休憩所として使用されています。遠征先でも気軽に拠点を作ることができ大変喜ばれています。イベントや物販にも使用されているので一台あればいろいろな使い方ができ、特にプロチームの導入が増えています。

商品の詳細はこちら

運動会・体育の画像
運動会・体育での日差しよけ

保育園や幼稚園、小学校などの運動会や屋外活動(体育・プール)で使用されています。近年温暖化などの影響もあり、生徒の健康面を考慮して導入する事例が増えています。特に設置・片付けが簡単なワンタッチタープテントが人気のようです。

商品の詳細はこちら

イベントの休憩所の画像
イベントの休憩所として

イベント会場の休憩所や喫煙室として使用されています。分煙の影響から喫煙室として導入する会場が増えています。程よく空気を通す隙間もできるので、スタンドバナーロングとセットで購入させる方も増えています。

商品の詳細はこちら

熱中症対策テントのサイズ展開

イージーアップテントDX60/DXA60
●6本脚で安定感抜群! ●収容人数:~30人(立ち姿勢)
●天幕素材:防炎協会認定品・防水性・ポリエステル100%・500D
●重量:スチール53kg アルミ40kg

イージーアップテントDX45/DXA45
●間口が大きい人気モデル! ●収容人数:~21人(立ち姿勢)
●天幕素材:防炎協会認定品・防水性・ポリエステル100%・500D
●重量:スチール39kg アルミ30kg

イージーアップテントDX30/DXA30
●大きさ、重量、強度のバランス抜群! ●収容人数:~12人(立ち姿勢)
●天幕素材:防炎協会認定品・防水性・ポリエステル100%・500D
●重量:スチール30kg アルミ23kg

イージーアップテントDX25/DXA25
●小さなスペースを有効活用! ●収容人数:~6人(立ち姿勢)
●天幕素材:防水性・防炎協会認定品・ポリエステル100%・500デニール
●重量:スチール25kg アルミ19kg

お問い合わせ画像

カテゴリ: テント使用事例
UPDATE: 2022/04/13

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

商談・見積り
お問合せはこちら
フリーダイヤル 0120-838-027
商談・見積り
お問合せはこちら
<